Fil shoesの特徴

初心者さんにもおすすめの靴

「靴は既製品しか履いたことがない…。」「良い靴に興味はあるが、知識がない…。」そんな初心者さんの高級靴・オーダー靴の入り口として、ぜひ弊社の製靴をおすすめいたします。

一般的に革靴をフルオーダーをすると、安くて200,000円〜、普通で300,000円〜と言われています。
入門としてはハードルが高く、躊躇してしまう方が多いかと思います。

そこで弊社はフルオーダーではなく、「最もオーダー感の美味しいとこ取り」ができるセミオーダー・パターンオーダーで、お客様に合わせた靴づくりを行っています。

セミオーダー・パターンオーダー共にデザイン・素材・カラーリング・装飾・ネーム刺繍などのカスタマイズが可能で、違いは木型に手を加えるかどうか。という点になります。足のサイズさえ合えばパターンオーダーでもピッタリ履けます。
自分の足に合った型で、自分の好きな色でつくる革靴は、オーダー初心者さんでも手が伸ばしやすい、入門にぴったりの1足です。

使用素材について

弊社では、オイルレザー(クロムエクセル)・染色用のヌメ革(ベカノ)・通常紳士靴用/ドレスシューズ用レザー(ボカルー)を取扱い、お客様のニーズに合わせた靴づくりを行っております。

オイルレザーの特徴

オイルレザーは、通常ですとワークブーツなどに用いられ、ドレスシューズには使われません。
非常に柔らかいため足馴染みが良く、オイルを含んでいるため耐久性もありますが、柔らかいために細かな傷がつきやすいからです。そのため通常のシューズショップですと、人が自由に脱ぎ履きした際に細かな傷がつき、商品の印象を下げてしまうリスクがあるために敬遠されがちなのです。
しかし本来靴は、「見るもの」ではなく「履くもの」です。手に取って近くで見ると気になる傷も、立った状態で足元を見れば探しても見つからない程度のものです。そのため弊社では、デメリットを上回るメリットがあると考えオイルレザー採用しています。弊社はアフターメンテナンスまで力を入れているため、傷がついてもメンテナンスでケアが簡単にできます。

染色用のヌメ革

オーダーにオリジナリティを求めるユーザー様向けの革素材です。高級ブランドなどで使われる革の採用も検討しましたが、弊社では更に上位の目の細かいレザーを使用しています。高級紳士靴ブランドとして知られる"ベルルッティ"と同じ、"パティーヌ"という技法での染色をしますが、色味からお客様で選んでいただくことが可能です。

ドレスシューズ用レザー

冠婚葬祭などを想定される場合、やはりフォーマルで光沢の出やすいレザーが好まれます。弊社ではあくまで製法面での工夫に力を入れておりますので、当然フォーマルなレザーでもご提供しております。

気軽にアフターメンテナンス

お買い求めいただいた商品をきれいに履き続けてもらうため、弊社ではアフターケアサービスにも力を入れております。

ご購入後のシューケアにつきましては、弊社のユーザー様以外からの受注もお受けしております。

「楽してきれいに」をイメージして、郵送でのメンテナンスを受け付けております。

靴の構造を熟知した職人がメンテナンスしますので、小さなことから大きな損傷までサポートできます。

OEMで製造承ります

弊社には、工程毎の専門家がおります。
そのため専門の木型師様などから、大量生産の工場では難しい、難易度の高い作業を受けたり、テーラーさんから自社ブランドとしてOEM製造の受注をお受けしております。

また弊社は生産設備を複数有しておりますので、手縫い・機械縫いの工程作業も受けつけております。
お気軽にご相談ください。

Fil shoes株式会社

〒111-0022
東京都台東区清川1-12-8 1F

TEL:080-8808-9986

[営業時間] 11:00〜18:00(ご予約により時間外も対応いたします)
[定休日] 不定休(事前にご予約をお願いいたします)